HOME>Utility>薬剤師として転職するなら活躍できる場所を知っておこう

薬剤師の仕事内容

薬剤師は処方箋の調剤をしたり、薬の飲み方を指導したり、薬の飲み合わせのチェックを行います。一般薬局に努める場合は、市販薬の中から症状に合う薬の相談に乗ったり、症状の度合いに合わせて病院へ受診することのアドバイスなども行ったりします。

薬剤師が活躍できる場所

薬剤師

病院や診療所

病院や診療所では、薬の調剤、注射薬や点滴の調整や管理、薬の飲み方の指導や臨床検査を行います。また在庫や品質の管理も任されます。一人一人の患者い合った投与を行い、薬の副作用による食欲不振などを把握し、改善策を医師に助言するなどの役割も担います。

薬局やドラッグストア

薬局では処方箋を持って来店した顧客のために薬を調剤したり、飲み方の指導をしたりするほか、症状を聞いてそれに合ったセルフメディケーションの薬を選ぶこともあります。漢方薬やサプリメントなどの選び方の指導も行い、在宅介護の支援や禁煙のサポートを行うこともあります。

製薬会社に勤める

製薬会社では、薬の開発や研究、品質管理をしていく他に、医師や看護師、病院や薬局に勤める薬剤師などからの問い合わせに対応することもあり、専門的な情報を提供していきます。また、薬事法の関係から必要とされることが多く、化粧品の開発に関わることもあるでしょう。

薬剤師として転職するなら活躍できる場所を知っておこう

薬剤師

女性に人気の理由

薬剤師は転職市場でも人気の高い職業で、特に女性に人気があります。一番の魅力は定時の仕事ができることで、薬局や病院などの営業/診療時間内での仕事になるため早く帰れます。残業もほとんどなく、子どもがいる女性でも働きやすいところがあげられます。結婚や出産などでブランクがあっても働きやすく、パートで働くとしても時給が良いのも人気の理由といえます。